凡人だって。
ダヴィンチだって。

bondavi 株式会社

01. bondavi の始まり

そう遠くない昔、一人の凡人がいました。

凡人は「なんかクリエイティブで楽しそう」という浅はかな理由で、広告代理店に入社します。

そこで与えられた仕事は「データ分析」。

続きを読む (読む時間の目安 : 約5分)

02. 組織

我が社は (「人件費を捻出する資金力がない」 という経営課題より、結果的に) 極めて少数のメンバーより構成され、非常に意思決定スピードの速い組織となっています。

戸田 大介

デザイン・開発担当 / 代表取締役
会社を作ったら、友人に「よっ! 社長!」と言ってもらえたので満足している、典型的な凡人。

今野 和紀

開発担当
とにかく諦めない心が異様に強い。どんなハッカーであろうと、彼の思考回路に "GIVE UP" の文字をプログラムすることはできない。

丸子 司恩

開発担当
少林寺拳法の使い手。その研ぎ澄まされた心はあらゆるバグを瞬時に捉え、鍛え抜かれた拳は瞬く間にそれを粉砕する。

松本 詩織

広報担当
製薬会社勤務後、インド、上海と移り住み、帰国。ガンジス川の如く荘厳な彼女のボキャブラリーの前では、ジャイアントパンダも言葉を失うだろう。

03. 事業

bondavi は2種類の事業を持っています。

B2B事業

非常にスマートで心豊かなクライアント (主にKDDIさん、JTさん) や仲間に恵まれ、一緒にお仕事をしています。

一生懸命、ウェブサイトやアプリを設計しています。

モバイルアプリ事業

主力事業。びっくりするくらい儲かりませんが、それでも大丈夫。

一生懸命、アプリを作っています。

bondavi のアプリ

04. 特徴

bondavi のここがすごい!

どのアプリも無料で、広告がない。

無料なのは、弊社のアプリを必要とする人に使ってもらいたいから。
学生など今はお金に余裕のない方にも、100%の力で貢献しようとするアプリにしたいです。

広告がないのは、弊社のアプリには似合わないから。
「集中力を高めるアプリ」や「三日坊主を克服するアプリ」には、人の目や意識を奪う広告がない方が、人の役に立てると思います。

bondavi のここがすごくない!

主力事業がずっと赤字。

上述の綺麗事を実践した結果、大方の予想通り、弊社モバイルアプリ事業は赤字となっています。代表の人件費すら捻出できない状況下でインターンまで採用し、黒字化は遠のくばかりです。
もしも何かの間違いで、経済的価値を生まない活動が違法になったのなら、弊社はブタ箱行きにされてしまうことでしょう。

* B2B事業の収益があるので、すぐ倒産したりする訳ではありません。ご安心ください。

これが会社である以上、もちろんお金を無視してはいけませんが、世の中には「お金にならなくても社会に必要なこと」もまたあるようです。

弊社の活動もそうなれるよう、日々、試行錯誤しています。

05. 数字・実績

bondavi のモバイルアプリ事業は、(売上高以外の)数字を順調に伸ばしています。

bondavi の数字・実績